第25回丹波篠山盆桜展開催中!(ささやま写真新聞)

 

4月10日から15日まで篠山市民センターで第25回丹波篠山盆桜展が開催されています。

山桜や富士桜をはじめ、花の色、幹の形、大小さまざまな種類の盆桜が50鉢ほど展示されています。

盆桜展(1)

中には、大山小学校の改装時に切られた桜が、1度は小さな幹だけになってしまったものの、新たに根をはり枝を付け、20年近く経った今でも盆栽として美しい花を咲かせています。

幹の内部が枯れていても、元気に花を咲かせる姿を見た来場者は、「自然の生命力は本当にすごい」と話されていました。

盆桜展(2)

また、桜の枝にサルがぶら下がっていたり、倒れている酒瓶がおかれていたりと、春の宴会を連想させる遊び心満載な盆栽は、目にも楽しく非常に見ごたえがあります。

盆桜展(3)

春の訪れを感じさせる小さな物語の詰まった盆桜を、皆さんもぜひ見に来てみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ戻る